宇都宮でのリフォーム・塗装工事なら
「家の修理やさん。」へお任せください。

お問い合わせ

屋根・外壁リフォーム

/ Roof & Exterior wall /

屋根・外壁リフォームについて
紹介いたします!

家の修理やさん。では、多くの施工実績と自社一貫の工事品質で、
高品質な屋根・外壁リフォームを行います。

屋根工事

Roof construction

瓦や金属屋根の葺き替え、屋根板金まで幅広く対応いたします。

屋根工事を行う際に注意しなければならないポイントは材料だけではありません。屋根の形状や勾配によって工事の手間は異なり、それが費用にも影響します。
また、常に風雨や紫外線にさらされている屋根は経年劣化が発生しやすく、定期的な診断と葺き替えの時期が重要となります。
早めの屋根診断で状況に合わせた処置を行うことが結果的に修理のランニングコストを抑え、住まいへの影響も最小限にとどめることができます。
瓦屋根・金属屋根の葺き替えだけではなく、各種屋根板金にも対応いたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

  屋根工事一覧
カバー工法

屋根の大部分を残し、その上を新しい屋根で覆うのが屋根カバー工法です。 工事中も普段と変わらない生活ができ、塗装や葺き替えよりも短い工期で施工が可能というメリットがあります。工期が短いため人件費も抑えることができ、それだけ費用もお安くなります。また、廃材が出ないため、運搬時のCo2削減やごみ処理のエネルギー消費の節約にもつながります。

棟板金交換工事

棟板金とは、スレート系の屋根を留めている金属部分のカバーのことを指します。継ぎ目をカバーすることで雨風を防ぎ、強度を出す為に固定してます。この棟板金は、強い雨風の影響での剥がれや、浮いた隙間からの雨の侵入による腐食など、ダメージを受けやすい部分になります。経年劣化だけでなく、突発的な台風などの後に比較的多い工事となります。

スレート屋根の工事

スレート屋根とは、セメントを主成分とする薄い板のような材質の屋根を指します。製造された年代によって耐久性が異なり、経年劣化により割れが生じます。ルーフィング(下葺き材)に破損が生じことで雨漏りの原因となり、いずれも早めの修理を推奨しています。また、スレートの上部に取り付けられている棟板金(むねばんきん)の修理にも対応いたします。

瓦屋根の工事

和瓦・洋瓦問わず、瓦屋根の修理・葺き替え工事に対応いたします。漆喰(シックイ)の塗り直しから瓦を再利用したメンテナンスの葺き直し、屋根を一新する葺き替えまで、幅広く対応いたします。老朽化への対策だけでなく、イメージを一新する家の模様替えをお考えの方には、様々な色・種類の瓦を提案させていただきます。

金属屋根の葺き替え

現状の屋根を解体・撤去し、新しい屋根材に葺き替える工事を行います。屋根材を取り外すことで、メンテンナンスの届きにくい屋根の下地部分も同時に補修出来るメリットがあります。最近では、耐震対策として軽い屋根へのご要望も多くいただいており、老朽化だけでなく安全対策の一貫としての工事とも言えます。

瓦屋根の工事

近年多発する自然災害による屋根の破損や、経年劣化した屋根の修繕に対応いたします。万が一、屋根から雨水などが浸水した場合、柱や基礎が腐食し住宅にも大きな被害を与えます。屋根工事の主流として評価されている金属屋根を行いた屋根工事を行うことで、雨漏りを防ぐだけでなく、住宅そのものの寿命を延ばすことにもつながります。

雨樋工事

近年の一般住宅では、樹脂性の雨樋の使用が主流となっていますが、以前までは板金工事といえば雨樋工事を示すほどであり、現代でも純和風住宅では金属製の雨樋が多く使用されています。金属製の雨樋は耐久性に優れていることもあり、一般住宅でも金属製の雨樋は重宝されます。雨樋の修理や取り付けのご用命はぜひお気軽にお問い合わせください。

その他板金工事

庇(ひさし)やポーチの屋根部分の多くは、板金が用いられています。また、屋根同士が取り合う部分には谷どい板金、屋根と外壁の取り合い部には雨押さえ板金が取り付けられます。これら板金修理の需要は実に多くあり、棟板金や天窓板金、土台水切り板金など、その他の板金工事もお気軽にご相談ください。

  工事費用例

漆喰工事

2,000円~ / m

棟組み換え

12,000円~ / m

瓦留め工事

1,500円~ / 平米

瓦取り替え

500円~ / 枚

最新の施工実績

Latest works

宇都宮市 屋根修繕工事(棟)
2024/02/14
日光市 大屋根棟木交換工事
2024/02/05
栃木市 大屋根雨漏り修理工事 
2024/01/31
烏山市 屋根カバー工法
2024/01/29

屋根・外壁塗装

Paint work

様々な建物の屋根・外壁の塗り替えに対応いたします。

屋根や外壁は、直射日光や雨風にさらされているため、常に大きな負担が掛かっています。メンテナンスを行わずに放っておくと、やがて劣化した箇所から雨漏りなどが発生し、家全体に影響が及んでしまう恐れがあります。
万が一、家全体に悪影響が及んでしまうと、一部の修繕では補えず大掛かりな工事が必要となってしまうかもしれません。
早期の塗り替えや定期的な点検こそが、建物の寿命を延ばすことにつながり、結果としてランニングコストの削減にもつながるのです
また、塗り替えを行うことで見た目の美しさはもちろんのこと、防水性の回復や低下した強度が改善され、さらに雨風などの影響に対して耐候性が工場します。

一般戸建て住宅をはじめ、
様々な建物・屋根の塗装に対応いたします!

家の修理やさん。では、お客様のご要望に合わせたプランにて、
お見積もりから施工まで "完全自社施工" のワンストップサービスをご提供いたします。

/ 一般戸建て住宅 /

/ 一般戸建て住宅 /

/ 一般戸建て住宅 /

塗り替え時期の目安

Ringt time

下記のような状態がみられる場合は、塗り替え時期の合図です。

チョーキング現象

屋根のカビやコケ

カビやコケなどの汚れ

外壁材の剥がれ

コーキングの割れ

サイディングのヒビ割れ

  屋根工事一覧
屋根塗装

屋根は常に太陽光による強い直射日光や風雨、砂埃などの外的要因によってダメージを受けています。築10~15年程が経過すると屋根の防水機能は徐々に弱まり、雨漏りやカビなどのトラブルが現われ始めます。定期的に塗り替えを行い屋根材をコーティングすることで、塗膜の機能を復活させ、屋根自体の防水性を高めることが可能となります。

外壁塗装

外壁を塗り替える最大の目的は、直射日光や風雨などの外的ダメージから家そのものを保護することにあります。塗膜の経年劣化により生じたヒビ割れなどから内部へ水が侵入すると、雨漏りや家の柱を腐らせる原因に繋がります。外壁塗装を行うことで塗料の膜により建物自体を保護し、見た目だけでなく家そのものの寿命を長持ちさせることが可能となります。

瓦塗装

お住まいが昔ながらの瓦の形状をしている場合、塗り替えのメンテナンスについてお悩みの方も多くいらっしゃると思います。家の修理やさん。では、和瓦だけでなくセメント瓦やモニエル瓦においても、一般的な屋根塗装同様、色合いやご予算をお伺いし、お客様にとって最適な屋根瓦塗装のプランをご提案いたします。

内装塗装

屋根・外壁塗装の技術を活かし、内装における塗装工事も承っております。お部屋が綺麗になるだけでなく、遮熱効果・断熱効果・防音効果・ペットに最適な消臭効果が期待できます。また、内装塗装だけでなく、室内塗装全般・クロス壁紙塗装・サイディング・ひび割れ補修など、様々なご要望にお応えいたします。

コーキング工事

外壁塗装における防水性は、外壁サイディングの継ぎ目をシーリング材で埋めるコーキング工事が重要となります。コーキング材も外壁・屋根同様に紫外線等の影響を常に受け、約5年ほどが経過したタイミングで劣化が始まります。コーキングが劣化すると、劣化箇所から建物内部へ雨水が浸入してしまう恐れがあるため、必ず補修工事を行う必要があります。

高圧洗浄

強い圧力で水を噴射する高圧洗浄機を使用し、塗装時における屋根・外壁の汚れやカビ、コケ、古い塗膜などをキレイに洗い流します。塗り替え工事は、高圧洗浄などの下地処理により、その後の仕上がりが大きく異なってきます。高圧洗浄を行う際は汚れや水が周囲に飛び散りますので、飛散防止シートを掛けることで、周辺への配慮も怠ることはございません。

ウレタン防水

ウレタン塗膜防水は、ウレタンと呼ばれる樹脂を液体状にして塗布することで防水層を形成する工法です。工期が短く、コストも比較的安く施工できるのが特徴です。また、屋上駐車場や地下など、高い防水性と順応性が求められる場面でも多く採用され、撤去する廃材も出ないため、環境保全・産廃処理というエコの観点からも非常に優れています。

各種トップコート塗り替え

防水工事におけるトップコートは、紫外線から防水層を保護するために、防水層の一番上に塗るコーティングのことです。トップコートが剥がれると、紫外線や熱などの外的要因によって防水層の劣化が急速に進んでしまうため、5年程度を目安に塗り替えることを推奨いたします。

  工事費用例

外壁塗装

2,500円~ / 平米

屋根塗装

1,800円~ / 平米

防水塗装

4,000円~ / 平米

木部・鉄部塗装・テラス塗装等

見積無料

塗料の種類

Type of paint

アクリル塗料

頻繁に塗り替える場所の塗装に向いており、耐用年数は約4~6年になります。他の塗料と比べ耐用年数は短く、モルタルやサイディングの外壁・室内に使用されることが多い塗料です。

エントリーモデル
耐久年数:4~6年

ウレタン塗料

アクリル系塗料に比べ紫外線や水に強く、耐用年数は約7~10年になります。モルタルやサイディングなどの資材に適していますが、汚れやすいというデメリットがあります。

エントリーモデル
耐久年数:7~10年

シリコン塗料

ウレタン系塗料に比べ汚れに強く、耐用年数は約10~13年になります。価格と機能性の高さからコストパフォーマンスに優れ、外壁リフォームには一般的な塗料です。

ベーシックモデル
耐久年数:10~13年

ラジカル制御塗料

ラジカル塗料の「ラジカル」とは、酸素や紫外線、水などが顔料に接触することで発生する劣化因子をいいます。塗膜を劣化させる原因「ラジカル」を抑制して、長期間塗膜の劣化を防ぐ塗料です。

ベーシックモデル
耐久年数:13~15年

フッ素塗料

フッ素塗料とは、蛍石を原料としたフッ素樹脂を配合した塗料のことです。耐用年数が長く塗り替え頻度を少なくすることができるため、結果的に建物のライフサイクルコストを削減するのに役立ちます。

ハイグレードモデル
耐久年数:15~18年

無機塗料

シリコン系塗料に比べ紫外線などの太陽光に強く、耐用年数は約20~25年になります。コストは高いですが、耐久年数の長さが魅力です。

ハイグレードモデル
耐久年数:20~25年

最新の施工実績

Latest works

宇都宮市 板金屋根塗装工事
2024/02/22
宇都宮市 外壁塗装工事
2024/02/22
宇都宮市 屋根塗装工事
2024/02/14
壬生町 大屋根カバー工法・下屋根塗装・軒天重ね張り工事
2024/01/18